初診時の対応

患者さんが初めて来院した際、どのような英語が必要になるでしょうか?受付では、まず「初診(first visit)」もしくは「再診(follow-up visit)」かについて聞かれます。初診時には、「健康保険証(health insurance card)」を提出し、「問診票(medical questionnaire / medical history formなど)」に記載が求められます。

患者さんが「居住者(resident)」でない場合、日本の健康保険に入っていないと考えられますので、「旅行保険(travel insurance)」に加入しているかどうかを確認する必要があります。保険に入っていない場合は、「医療費の全額を現金で払わなくてはならない(You will have to cover full medical expense in cash)」旨、予め伝えておく必要があるでしょう。

また、大規模な病院(200 床以上)では、「かかりつけ医(family doctor)」からの「紹介状(letter of referral)」がない場合、選定医療費として追加費用が発生します。この「選定医療費」は英語では「fee of patient’s choice」と訳されますが、名称を聞いただけではイメージしにくいため、具体的に上乗せされる金額*を提示して、患者さんに十分に理解していただく必要があります。

こうした医療システムは、日本人でもよく理解していないことが多いですが、後々の金銭トラブルを避けるためにも、簡潔にわかりやすく説明できるように、予め整理・練習しておくと良いでしょう。

*選定医療費の金額は、病院ごとに異なりますので、予めご確認ください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です