医療英語を学ぶとは

「医療英語」と聞くと、専門的で難しい分野と思われるかもしれません。日常英会話もままならないのに、医療英語なんて無理だと感じられる方もいるでしょう。しかし、医療の現場で必要とされるのは、文法的な正確さ、英語の流暢さなどよりも、患者さんを安心させることのできる基本的なコミュニケーション能力です。もちろん、症状や疾患等に関する語彙を知っておくことは重要ですが、日常、診療に携わる医療従事者の方々は、一般の人よりもすでに多くの医療英語のボキャブラリーを備えています。ただ、その知識を生かして、目の前の患者さんとコミュニケーションをとるために、実践的な練習の場が必要となります。「突然、外国人の患者さんを目の前にして、言葉が出てこなかった」、「後から考えれば、知っていた英単語すら咄嗟に出なかった」などのご経験はないでしょうか。困っている方々を助けられる知識を持っているのに、コミュニケーションをとれないのはとても残念なことです。

さまざまな患者さんの抱える問題に対応する医療の場で必要とされる医療英語は、独学ではなかなか習得が難しい分野です。また、日本人同士ではなく、実際に英語でしかコミュニケーションのとれない外国人の方々を目の前にして応対する経験を積むことが大切です。MECでは、医療英語コミュニケーションの第一歩を踏み出すための、実践的な学びの場を提供しています。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です