製薬企業のプロマネと英語

こんにちは。

現在、MRの皆さんが英語の勉強に興味を持たれる理由は、多くの場合、将来的に本社勤務でほかの職種に就くことを想定されてのことではないでしょうか。

MRの方が本社転属となる場合、プロマネなどの企画・マーケティング職に進まれるケースが多いかと思います。

本社勤務になりますと、とくに外資系では英語の必要性がぐんと増します。

では、具体的に英語がどのような場面で必要になるのでしょう?

プロマネの職務である製品戦略の立案、イベントの企画・実行、MR教育などは、日本の市場を対象としているのですから、日本語で行われます。

そうしたプランや活動実績などを、会社の上層部に報告する際に、英語が必要になるかと思います。

つまり、端的に言えば、「会議でのプレゼンを英語で行うために英語が必要」ということになるかと思います。

ということで、今日は英語でのプレゼンを取り上げたいと思います。

 

プロマネによる英語のプレゼン

私が外資系製薬会社でMRをしていた頃、本社から来た方々から、英語でプレゼンを日常的に行っていると聞いたとき、素直に「すごいな~」という感想を持ちました。

英会話学校でのスピーキングでも苦労しているのに、会議を英語で行うなんて、とてつもなく難易度が高いと感じたものです。

 

それから月日は経ち、英語を習得した後、外資系の製薬会社で社内通訳をやっていた時期がありました。外国人の部長について、セールス・マーケティングの会議に出席します。

会議では、プロマネの方は英語でプレゼンを行っていました。

営業系の部署の方が出席される場合は、英語ができない方もいるので、日本語でプレゼンが行われるため、外国人上司の横に座り、小声で何が話し合われているのか通訳するのが私の仕事でした。

そうして、プロマネの方の英語プレゼンを見る機会が多くあったのですが、その時に感じたことは、「英語でセールスのプレゼンは難しくはない」ということです。

 

型を学べば、英語のプレゼンは難しくない

日本語の場合でもそうですが、プレゼンにはある程度、決まった形式があります。

こうした型を身につけ、繰り返し行うことで、そのうち難なく行えるようになります。

なにしろ、話す内容は、自分が誰よりもよく知っている製品の戦略に関する分野です。

背景知識もボキャブラリーもすでに頭に入っていることでしょう。

日本語でできることは、英語でもできるようになります。

 

聞き手が興味をもつのは、数字とアクションプラン

営業会議の場は、語学試験でも英会話学校の場でもないため、話し手が完璧な英語を話すことを誰も求めていません。

聞き手が興味を持っているのは、営業成績(つまり数字)と成績を上げるためのアクションプランです。

そして数字の部分は、MRの方々が日常、営業会議で行っている通り、グラフ等を使って視覚的に示すことができます。

これは、見ればたいていの人が理解できるので、説明はほぼ必要ないです(すなわち簡単な英語でOK)。

そしてアクションプランの方も、自分が覚えられる範囲で、単語をできるだけシンプルに組み合わせて文章を作ります。

大切なのは、聞き手に正しく伝わることですが、聞き手は興味のあることに対しては、最大限努力して理解をしようと努めてくれます。

プロマネの発表であれば、聞き手は皆、身を乗り出して聞いています。

だから細かい文法上のミスなどは、問題になりません。

 

正しい準備が必要

事前の準備が大切であることは言うまでもありません。

まずは、プレゼンのためのスライド作りから始めますが、基本的には日本語の場合と同じです。

スライドは、「できるだけ文字を少なく、シンプルに」作ります。

スライド中に文字が多すぎると、見づらく、注意力が散漫になってしまいます。

また、できるだけ文章ではなく、単語またはフレーズで記載することが重要です。

これは、日本語だと無意識に行っていることですが、英語だと冗長な文章になってしまうということがあるかもしれません(これについては、次の回で取り上げたいと思います)。

また、英語のプレゼンで、なじみのない単語(疾患名など)を使用しなければならない場合、覚えられないということもあるかもしれません。

こうした単語は予めスライド中に記載しておくと、自分のための備忘録にもなりますし、聞き手も「この単語のことを言っているのだな」と理解しやすくなります。

 

英語プレゼンのまとめ

  • 英語のプレゼンは、特定の領域で、型を身につければ、難しくはない
  • 日本語での発表の場合と同じように、準備が大切
  • スライドは、文字を少なく、図表を多めに、また長い文章ではなく、単語またはフレーズで記載する。
  • 忘れそうな単語はスライド中に記載しておく